粋でいなせなシンガー紹介

粋でいなせな音楽に関する情報共有ブログです!

「和の歌唱王」玉置浩二

さて、今日は玉置浩二さん行ってみよう!

f:id:kinakita071031:20160411100820j:plain

最近、一昔前のシンガーにハマっていまして、玉置浩二はその中でもトップクラスです。

以前にこんな記事を見かけました。

matome.naver.jp

一位って誰なの!?と。

玉置浩二.....?誰やねん!安全地帯.....?知らんがな!って感じだったんですけど、

曲を聴いていくと聞いた事ある曲ばっかりだったんですよね笑

不思議なものです。

 

最初に感動したのはこの動画。

www.youtube.com

「あ、これがカバーか」と思いましたね。

自分もカバーするとき、オリジナルの模倣になってはいけないと思って考えますし、周りからのアドバイスでも個性を出すように言われますが、

これを見たとき、ここまで変わるのかと笑笑笑

結構度肝を抜かれた体験でした。

 

まあこういう抑揚とか間を意識して歌うのは晩年の玉置浩二の真骨頂かと思うんですが、若いデビュー当時とは結構変わりましたよね。

www.youtube.com

この時は歌謡界の代表っていうイメージですが、違うかな笑

個人的には良い進化だなと感じます。上からみたいですみません....。

 

自分が玉置浩二さんの好きなところは、歌詞が伝わるところです。

なんか一回聴いただけでメロディーが口ずさめるキャッチーな曲って結構あるじゃないですか。

でも玉置浩二さんの曲って歌詞とメロディーがセットになって入るんですよね。

なんか歌として存在する時に歌詞とメロディーという分け方をせずに、どちらも歌という表現の一部として混ぜて考えているみたいな。

 

なんか分かりづらいかもしれないですが、作曲と作詞が別の人だと出せない味が真にあると思うんです。

これはシンガーソングライターにしかできない事だし特権ですよね。

玉置浩二さんはさらに別の人の歌でも自分の歌のようにまとめあげてしまうんですから末恐ろしいですよね。

歌うのがよっぽど楽しいんでしょうね!

 

なんか自論ばっかりになってしまいましたが、

今日も良い1日を!

 

それでは!